一言で頭痛(安易に頭痛薬に頼りすぎるのはよくありません。生活習慣や体の歪みなどを改善することで起こらなくなる場合もあります)と言っても、ドクドクと脈を打つようにこめかみ辺りが痛かったり、頭(いい、悪いなんてよくいいますが、単純に成績がいいだけでは幸せにはなれないことが多いでしょう)が締め付けられるような痛みを感じたり、痛みの強さや痛みを感じる部分も様々あります。頭痛(誰でも一度くらいは経験するものですが、その原因は様々で時には深刻な病気の症状であることもあります)持ちの方の中で、毎回後頭(インドでは子どもだからといってなでたりすると、とても失礼な行為になるそうです。神様が宿るところだから触っちゃダメなんだとか)部に痛みを感じると言う人はいらっしゃいますか?後頭(インドでは子どもだからといってなでたりすると、とても失礼な行為になるそうです。神様が宿るところだから触っちゃダメなんだとか)部に痛みを感じる場合、くも膜下出血と言う病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)が疑われることもありますね。くも膜下出血でしたら、急速に後頭(いい、悪いなんてよくいいますが、単純に成績がいいだけでは幸せにはなれないことが多いでしょう)部に痛みを感じることが多く、死に至る場合もあるそうです。もし、後頭(日本では、脳の死が人間としての死だと定義されていますよね)部に急激な痛みを感じたのであれば、すぐにでも病院へ行って、医師(名医と呼ねれる人からヤブと呼ねれる人まで、まさにピンキリといえるでしょう)の診察を受けてください。また、後頭(いい、悪いなんてよくいいますが、単純に成績がいいだけでは幸せにはなれないことが多いでしょう)部の痛みで、右か左のどちらかが痛いということはないですか?このように、左右いずれかの痛みを慢性的に後頭部辺りに感じている方ならね、緊張性の頭痛(誰でも一度くらいは経験するものですが、その原因は様々で時には深刻な病気の症状であることもあります)を疑った方がいいでしょう。最近では、パソコン(正式名称は、パーソナルコンピュータで、PCともいいますね。デスクトップ型、タワー型、ラップトップ型、ノートブック型の他、ネットブックやタブレットなどもあります)を使ったデスクワーク(机の上で行うというのは同じでも、事務仕事から文筆業までその内容にはかなりの幅があるものです)をしてる人が多くなりましたね。書類などをパソコン(アメリカのインテル社のCPUが八割くらいの確率で使われているそうです。まさに、「インテル入ってる」ですよね)で作成したりしている為、昔よりも目をよく使うようになり、目の疲れを感じることも多くなっています。その眼精疲労(病気の症状の一つとして眼に出ているのかもしれません)がかたこりに繋がり、肩こり(筋肉の疲労が原因であることが多いものの、病気が原因で起こることもありますから、自己診断は禁物です)からくる偏頭痛(一般的には、頭の片側だけが痛む、脈打つように痛むというのが特徴です)に悩んでしまう方も増えているのですね。長時間パソコン(アップル、デル、NEC、富士通、東芝、ソニー、パナソニックなどがメーカーとして有名ですね)を使用してデスクワークをしていると、つい同じ姿勢でいる時間が多くなるはずです。その結果、背中や肩、首の筋肉が凝り固まってしまい、本来持っている柔軟性が無くなりしまって痛みを生み出してしまうのです。まず最初に、肩凝りや筋肉の緊張を緩和して上げる事が重要となってきます。仕事をしている最中でも適たびに休憩を取って、肩だけを上げ下げしてみたり、肩を回してみたりして、滞ってしまっている血流を流してあげる必要があるかもしれません。帰宅した時には、ホットタオルや湯たんぽなどで肩や首を温めてあげると、緊張していた筋肉もほぐれ、緊張性の頭痛(外傷以外の原因で頭部に痛みを感じる症状をいいます)を防止することが出来ますよー